手間ではありますが

買取業者の査定員が立とえ海千山千であってもやはり人間なので、汚いまま酷使された車より丁寧にあつかわれたきれいな車に気持ちを入れたくなるというものでしょう。
続きを読む